ガンダムスイッチ

ガンダムニュース・最新情報「ガンダムスイッチ」

ガンダムの創世記、時はスペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀が過ぎた宇宙世紀0079年のストーリー。地球から最も遠いコロニー群サイド3 は、ジオン公国を名乗り、地球連邦からの独立を求め、独立戦争を挑んできた。連邦軍の圧倒的な戦力に対して、ジオン軍は人型機動兵器「モビルスーツ (MS)」を実戦投入し、圧倒的有利な戦局が揺らぎ始める。この時より両者存亡を賭けた戦争に発展していく。

当サイトでは、まず機動戦士ガンダムの基礎的な情報を紹介していきます。
時代背景や戦争の意義、モビルスーツの必要性などを学ぶことにより、よりガンダムを楽しむことに繋がります。

戦争が起きてしまった理由とはいったい?

ガンダムの世界は、宇宙や地球で繰り広げられる「戦争」が舞台となった作品です。
さて、戦争が起きた理由についてですが、「地球環境の破壊」が大きなきっかけになります。西暦は2000年に、地球の全人口は60億人を突破しました。21世紀には、100億人を越えるのではないかと言われています。

地球の人口が増加すればするほど、地球の環境が人間によって破壊されていく。
発展途上国の成長も歯止めをかけず二酸化炭素の量が増え、異常気象、人口増加による食資源の物理的現象。人が生活していくために森林伐採による様々な弊害などが原因になっていきます。ガンダムのお話では、地球の環境破壊が進行し、人口が90億人を越えた頃から物語は始まります。

この頃になると、環境破壊も急激な速度を上げ、地球に生物が生息できるかどうかの領域まで汚染が拡大していきます。ガンダムでいうこのときの地球は、国連の承認により、統一国家として「地球連邦」が管轄しておりました。

地球連邦政府は、このような急激な環境破壊により人類の存続に関わる大事態と捉え、地球を保護する為に、壮大なプロジェクトを発表することになります。
そのプロジェクトは、まさに「宇宙移民計画」といいます。

そのプロジェクトの内容としては、宇宙に人が住める場所を人工的に作り、そこへ移民させて、地球の人口を減らす。その一連の流れの中で、地球の環境破壊のスピードを緩め地球の環境を改善していくように施策していこう。保護していこうというものです。

そこには、既得権益者達の思惑が多く反映され、
この計画が戦争勃発のきっかけと発展していきます。

この戦争にはなぜロボット(モビルスーツ)が必要だったのか?また誕生したのか?

戦争をする前に、当然の力関係が存在しておりました。それは、ジオン公国は歴史はまだまだ浅く、独立宣言はしたものの、国家では無かったこともあり軍資金が明らかに乏しかったのです。(当初では連邦の1/30しか国力は無かったと言われています)
地球連邦は地球全体の国々が参加して成り立つ連合国家のため、その資金力の差は圧倒的でした。戦争の決め手となる「軍事充実」は不可欠であり、ジオン公国は、圧倒的に不利な状況でした。

資金力が乏しい、軍備が整えられない状況では、直接戦っても結果は見えてしまっている、そんな状況の中、ジオン公国は、「ミノフスキー博士」と協力し、その技術 「ミノフスキー粒子」 に大きな期待を寄せます。できる限りの開発研究を行わせます。

ミノフスキー粒子を簡単にまとめると、ミノフスキー粒子をばらまくと、敵の音信が不通になったり、レーダーに敵影が映らなくなったり、ミサイルの遠隔操作ができなくなったり、ガンダムの世界ではレーダー等の観測機器等は効力を失ってしまう、当時の技術レベルでは、戦況をひっくり返すほどの技術革新といえます。

そのミノフスキー粒子を戦場で効率的に効力を発揮するために、開発されたのが、モビルスーツです。実は、モビルスーツが開発された背景は、当時のジオン公国が抱えていた、軍資金、資金力の乏しい環境も反映されています。ミサイル一発のコストは大変なものですが、ロボットは壊れるまでコストは変わりません。また、ミノフスキー粒子をばらまくことで、レーダーに探知されずに近づき、短時間で戦機を壊すのに効率的だったのも、ロボット開発を行った理由とされています。

今月のサイト特集

藤沢駅からすぐ近くの立地で通いやすいエステサロン「マリアボーテ」では、独自のコンセプトが魅力的です。そのコンセプトとは、マリア様のような綺麗な心と輝く外見をという想いを込めています。いくつになってもキレイでありたい!そんな女性のお手伝いをしているというもの。藤沢のエステサロン「マリアボーテ」で内面も外面も綺麗を追求してみてはいかがでしょうか?

マッサージ師の求人情報
就職支援のプロフェッショナルが治療家向けに転職サービスを提供。
青汁ダイエット
美意識を応援するコンテンツサイト「美習慣」青汁を始め、酵素など様々な角度から美を応援しています。